NEO GAMBLERを使っててキツかったポケモン・構築

この記事は

http://regpoke.hatenablog.com/entry/2018/11/05/234923

では記載しなかった重いポケモンや構築をリストアップ・評価していく記事です。

読んでない方は先に構築記事の方を読むことを推奨します。

X〜Aで評価をし、キツさの度合いはX >S+ >S >A という順番になります。細かい解説はS以上で行います。

 

A メタグロス ボーマンダ ガルーラ  ゲンガー(滅び以外)  ゲッコウガ Z技持ち 積み技持ち全般 

ここら辺は択の通しや処理ルートをしっかり明確にしてから立ち回るのが良い。

 

カミツルギ  ハッサム

出会ったら即ボーマンダ投げ。

不用心に突っ張ってくる人もいればしっかりケアして引いてくる人まで存在した。

 

ルカリオ

↑2匹と基本は同じだが交代読みで冷凍パンチが飛んできたり身代わりを貼られたりでもしたら泣くことしかできない。

炎4倍ではないので捨て身を押すしかないが物理耐久に振られているとかなり厳しい。

 

ステロ+吠える(バンギラスガブリアスヒードランカバルドンetc)

ポケモンのHPがゴリゴリ削られていく。

バンギとドランは有利なポケモンをしっかり合わせる。

カバはゴーリで初手から零度連打。

ガブリアスは初手で殴って吠えるを封殺して被害を抑えた。

 

ミミッキュ

基本は呪いを裏で受けるがどちらにしろ大きくHPを削られるので裏の圏内に入れられないように。

 

ゲンガー(滅び)

ドリュがいるとはいえ、やはりキツイ。

サンダーやランドなどでクルクルされたら厳しさは倍増。

 

バシャーモ

自発的に素早さを上げられるため麻痺がほぼ機能しない。

こちらのパーティにかなり刺さっているがクレセやミミッキュで止めることができるだけまだマシか。

 

ギルガルド

一撃で落とす手段が無いため行動を許してしまう。

一番まずいのは剣舞型と聖剣持ち。

麻痺を入れれば楽になる部類。

 

S+

ウルガモス

ボーマンダで処理するか電磁波入れて上から叩けるのが理想だが舞われたら基本終わる。

 

パルシェン

殻パーンでオワオワリ。

1回ゴーリで対面処理できたが基本はこいつ1匹で全て崩壊する。

 

シャンデラ

マンダやドリュ、ミミッキュで対面で戦っていくがほぼ確実に1匹持っていかれる。

交代読みでの零度ぶっぱも視野。

 

S・Aランクで出てきたポケモンの複数組み合わせ。

具体的にいうとランド顎ハッサムなどのステロ展開からの積み構築が代表例。

ステロ持ちを初手ゴーリの起点にしたいがランドロスだった場合、爆発で自主退場されるのであまり期待はできない。

 

ジャラグロスウルガグロス

19↑あたりからよく見かけた組み合わせ。

基本はオニゴーリを出さずにマンダやドリュを通していくことにシフトチェンジする。

 

バトン展開

止める手段が無い。

 

バシャーモ(剣舞有り)

クレセでも受けが効かなくなる。

ミミッキュの皮をいかに大切にするかが勝負の分かれ目。

上記のバトン型まで考えるとかなり危険なポケモン

ウルガモス(身代わり持ち)・シャンデラ(スカーフ)・ラプラス

おちんちん(^p^)🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪

 

 

いかがでしたでしょうか?

僕のパーティを完封したい場合は6匹全てを上で挙げたポケモンを採用しましょう。

 

ここまでの閲覧ありがとうございました。